MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

女性にも広がる、おしゃれふんどし
2022年までに国民1人1枚所有を目指す

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/09/23 14:00

 ただいま、じわじわとビジネスパーソンの下半身に浸透する「ふんどし」。東京で五輪が開催される頃には、ほとんどの人が愛用中?

 この秋、アンダーウエアの選択肢に、日本古来の「ふんどし」を加えてみてはどうだろう。

 かつては、多くの男性がアンダーウエアとして愛用していたふんどしだが、いまやお祭りなどでみこしのかつぎ手が身につける程度となり、現代人のライフスタイルからは、忘れ去られた存在だった。ところが、そんなふんどしに復活の兆しがある。

 見直される最大の理由は、やはり健康面。体を締め付け過ぎないふんどしは、万病のもととなる血流やリンパの流れに滞りを起こさないため、さまざまな不調の改善に効果があるという。また密着感のない快適な履き心地は、ストレスの軽減にも有効とされている。しかし、ふんどしの良さは理解できても、あの旧態依然としたデザインもあり、広く普及するまでには至っていない。

 そこで尽力するのが、2011年に設立された「日本ふんどし協会(事務所:東京都渋谷区)」だ。同協会では、パンツとはケンカせず共存しつつも、2022年までには、日本人全員がふんどしを1人1着は持っている、そんな時代の到来を目標としているという。さすがに日本の伝統であるふんどしを扱う協会だけあり、謙譲の美徳精神でパンツをライバル視することなく、あくまでも謙虚な姿勢だ。

 しかし、この壮大なもくろみの実現のための取り組みは、積極的で多彩だ。例えば、デザイン面のアレンジもそのひとつ。普及には、どうしてもしゃれたイメージが必要だ。そこで「漫画ふんどし」。これは日本やアメリカの漫画に登場す文字化された擬音をデザインに採用したインパクトあるふんどしだ。製作費用はクラウドファンディングでの調達を目指し、今春まずは日本で実施されたが、集まった金額は12万5,500円。あえなく断念となった。しかしこの夏からは、ふんどしの国際化も兼ねて、今度はアメリカでクラウドファンティングを通じて「漫画ふんどし」への出資呼びかけが始まっている。

 また定着には、女性からの支持も不可欠だ。ふんどしの場合も同様だと、日本ふんどし協会の賛同メーカーでもある「エフエフシー(本社:岐阜県高山市)では、今年5月に日本初の女性用ふんどしを取り扱うウェブサイト「aifun(アイフン)」をスタートさせた。同ウェブサイトでは、オーガニックコットンやリネン(亜麻)と肌触りの良い素材を生地にした“かわいい”デザインのふんどしが用意されており、数多くのアイテムを揃えている。価格は女性用が1枚2,680円から4,565円、男女ペアは5,985円、そして男性用が1枚2,780円。

 ウェブサイトを見ると、確かに古いイメージのふんどしとは一線を画すおしゃれなデザインのふんどしが並んでいる。2022年までに国民の間にふんどしは定着するだろうか。普及活動の動向に注目してみたい。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5