MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

新田ゼラチン(4977) 原価率を引き下げ、14年3月期TIW利益予想を上方修正

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/09/19 15:00

<株価には上昇余地がある>
14/3期は積極投資による業績の端境期。円安は業績へのマイナス要因。14/3期2Q(7-9月)は1Q(4-6月)以上の原料高影響を受ける見込みであり、足元のモメンタムは弱い。しかし、15/3期以降は、海外での能力増強により高い業績伸長を予想する。15/3期TIW予想PER9.0倍台には割安感がある。対TOPIXを上回る見方に引き上げる。・・・(高橋 俊郎)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
日信工業(7230) 新型車向け増により下期V字回復を予想
遠藤照明(6932) TIW通期見通しを下方修正するが、やや強気の見方を維持
ナカニシ(7716) 通期修正計画には上乗せ余地がありそう
東海理化(6995) 円安持続、北米・欧州堅調から中間時に計画再上方修正の可能性

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5