MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

駐車・車庫入れのレッスン人気
教え自慢の“先生”で差別化

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/10/06 14:00

 華麗な“走り”のテクニックの前に、自宅や出先での車庫入れや駐車の際のぎこちなさを解消したい。いま、そんな声に応える運転レッスンへの受講者が増えている。

 運転レッスンの特徴は4つ。ひとつは「短時間」。やはり忙しい現代人に相応しく集中型だ。次に「出張」が基本スタイル。自宅周辺など、いわば受講者の慣れ親しんだホームグラウンドで、腕を磨くことができる。また「安全面への配慮」も万全を期す。運転レッスンで使用する車両は、受講者の所有するマイカー、もしくはレンタカーとなるが、万が一に備えて簡易式補助ブレーキを装着する。そして最後の4つ目は、何よりも「“先生”の教え方がうまいこと」。やさしく丁寧に、より実践的な運転のコツを伝授してくれる点にある。

 例えば、「いちにち集中コース」は、ぺーパードライバースクール マイカーアカデミー(ドリームネット/本社:埼玉県新座市、運営本部:東京都豊島区)が展開する4時間のプランだ。「ほめて育てる」のコンセプトのもと、教え自慢の“先生”らが、受講者の苦手克服に救いの手を差しのべる。同アカデミーの場合は、東京他、神奈川、埼玉、千葉はもちろん、栃木や群馬、長野まで対象と出張エリアの広いのも特徴だ。価格は3万1,500円(レンタカー使用の場合は、プラス5,250円)。

 また、「受講者は、生徒ではなくお客様」をポリシーに掲げるのは、ペーパードライバースクール(ウインクエリート/本社:東京都千代田区)。同スクールの「ペーパードライバー1日4時間集中コース(2万8,000円、レンタカー使用の場合は、プラス6,000円)」の“先生”役は、サポーターと呼ばれ、フレンドリーな雰囲気のなかで、スムーズな車庫入れなどの運転技術を学ぶことができる。

 一方、現在8月の東京を皮切りに、初めて駐車などに特化した運転レッスンである「タイムズドライビングレッスン」を開催中なのが、コインパーキングやカーシェアリングサービスなどを展開する「タイムズ24(本社:東京都千代田区)」だ。レッスンのきっかけとなったのは、今年7月に同社が組織するタイムズクラブ会員に実施したアンケート内の「駐車に自信は」の問いに、毎日運転する人でも、約4割が「自信なし」と回答していたことだった。レッスンでは自動車教習所の教習車両を使い、教官も同乗し、バックでの駐車や、駐車場の精算機への幅寄せといった実技を通じて、受講者の運転時の“クセ”を診断する。なお10月は、大阪、広島、札幌でレッスンの開催が予定されている。費用は無料。ただし参加条件は、タイムズクラブ会員のみとなっている。

 駐車や車庫入れは、車を利用する度に必要となる作業であり、しっかり身につけておけば将来にわたって役に立つもの。不安のある人は、一度受講を検討してみてはいかがだろう。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5