MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

VTホールディングス(7593) 上期計画を上方修正、新車以外が大きく貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/10/29 18:00

 <やや強気の見方に変化なし>
「固定株価資金調達プラン」採用の中、新株発行と希薄化が想定されることが株価の重石になっている。会社修正予想では新車販売が低迷したと見られる14/3期上期が、前年同期比26%の営業増益見通しとなり、新車販売の動向に左右されにくい企業体質づくりが進んでいることの証左となった。M&Aがなくても通期で過去最高益更新が見込める。M&A戦略を柱に中期的成長余地は大きいとの見方に変化はない。14/3期予想ROE21.36%に対するPBR2.35倍、予想PER9.3倍など指標面に割安感がある。TIWはやや強気の見方を継続。押し目は拾っておきたい。(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
JSR(4185) 半導体業界の先行き不透明感を主因にTIW予想を下方修正
日立化成(4217) 2Qは1Q比営業減益、14年3月期TIW予想は下方修正
日本電産(6594) 2Q業績は順調な進捗。グループ経営も着実に深化中
完成車メーカー上期及び通期決算展望 -高田 悟-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5