MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ショーワ(7274) 主力3事業が堅調持続、特損を吸収し最終増益見通しに計画を修正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/10/31 18:00

<強気の見方に変化なし>
10月29日、14/3期上期決算を公表。(1)二輪・汎用、四輪(四輪SA及び駆動系)、ステアリングの主力3事業が揃って増益で着地した。(2)ホンダ(7267)主力「フィット」世代交代が構成悪化に影響すると見られる下期もCVT用のポンプなどの増により、会社は7%台の営業利益率を見込んでいる。(3)会社通期営業利益計画の再上方修正により名古屋工場閉鎖・SAの埼玉への生産集中、リコール関連費用などの特損を吸収し今期は最終増益が見込める。(4)上方修正後の会社計画に上ぶれ余地がある・・・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
ホンダ(7267) 上期決算はTIW想定線、下期業績拡大への期待が強まる
コマツ(6301) 鉱山機械需要減続くと見てTIW予想を下方修正
積水化学工業(4204) 14年3月期上期は好調な推移、消費税増税後の住宅減収も限定的
日野自動車(7205) 通期計画上方修正はTIW想定通り、さらに上ぶれ余地を残した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5