MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

武田薬品工業(4502) 中期成長戦略の2期目は回復基調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/11/07 18:00

<より鮮明な業績回復を待ちたい>
13/3期を底として14/3期から成長路線に乗る道筋が見えることが株価上昇の条件。同社は主力製品の特許満了、新製品の上市、2兆円余の海外企業買収(ミレニアム、ナイコメッド、URL)等が重なり大きな変革期にある。中期成長戦略(13/3期-18/3期)2期目の14/3期は2Qまで順調。大底脱出の確度は高まったが、未だ過去の高い利益水準からの回復途上。株価は、業績の回復基調がより鮮明になるまでは膠着状態と予想する。・・・(森田 青平)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
扶桑化学工業(4368) 14年3月期TIW予想を下方修正するが、株価の割安感は強い
住友化学(4005) TIW14年3月期予想を上方修正
東京エレクトロン(8035) 米Applied Materialsとの統合による上場廃止予定受け、カバレッジ停止
豊田通商(8015) 会社通期計画は上方修正もCFAO社業績に不透明感が残る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5