MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

省エネ・防災対策だけじゃない
LEDライト、幻想的な光で室内装飾にも

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/11/17 14:00

 最近は防災グッズとしてだけでなく、室内装飾に活用することができるLEDライトも登場している。

 LEDは消費電力が少ないことから、懐中電灯や停電など緊急時の照明、省エネ照明として注目を集めている。そんな中、一部のLEDライトは幻想的な光を放ち、上品な部屋の演出に活用できるものも増えている。

 ソーラーパネル搭載の充電式ランタン「LuminAid(ルミンエイド)」は、本体を覆う四角いビニール袋を膨らませて使用する。そのため光が拡散し、目にもやさしいソフトな明るさで広範囲を照らすのが特徴だ。明るさは2段階調節で「LOW」なら部屋の間接照明、「HIGH」にすれば読書灯にもなる。さらに袋状となった本体は水にも浮くので、バスルームへの持ち込みも可能だ。点灯時間はフル充電で、最大14時間。ビニール袋を膨らませた際のサイズは、幅320ミリ×奥行220ミリ(収納時130ミリ×80ミリ)。価格は3,360円。

http://www.arktrading.jp/luminaidlab/index.htm より

 また、膨らませるタイプとしては、円すい状の照明「Luci(ルーシー)」もある。こちらもソーラーパネルによる充電式で、内蔵された10個のLEDが放つ光が膨らませた本体に反射して、柔らかな光で周囲を照らす。明るさは3段階の調節ができ、室内灯やクリスマスのイルミネーション、もちろん水のある場所での使用も何ら問題はない。点灯時間はフル充電で、最大12時間。袋を膨らませた際のサイズは、直径130ミリ×高さ110ミリ(収納時130ミリ×25ミリ)。価格は2,625円。

http://www.landport.co.jp/product/air/gallery.php より

 空いたペットポトルと組み合わせるタイプも趣がある。こちらは日本製で、東京セイル(本社:東京都北区)の「LEDペットボトル用ライト(1,580円)」。直径30ミリ×高さ75ミリの本体を、ペットボトルのキャップ部分に取り付ければ完成だ。電源はリチウム電池で、点灯時間は約20時間。膨らませるタイプの2商品に比べ、暗さは否めないものの、寝かせた状態で点灯すれば、ペットボトルの底にある凹凸部分が、不思議な形の光となって浮かび上がる。またペットボトル内にビー玉を入れれば、安定感と光の美しさもアップするそうだ。

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5