MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

本格的な“三輪車”時代到来か
カナダ製から国産まで、続々登場

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/01 14:00

 最近、4輪の安定性と、2輪の解放感を併せ持つ3輪タイプの乗り物「トライク」があらためて見直されている。

 今回、特に注目されている2台のトライクは、外見はどちらもフロント部分が2輪でリア1輪だ。ただし、必要となる運転免許は異なっている。これは2010年の道路交通法改正により、トライクの扱いが2つに分かれたためだ。

 公道を走る場合、以前は全て「自動車」に分類されていたトライクだが、現在は3輪でも車輪の幅が460ミリ以上、そして曲がる際に車体を傾けない構造のトライクは「自動車」となる。一方、460ミリ未満、車体を傾ける必要があるトライクは「バイク」となり、排気量に見合った2輪車の運転免許が必要となる。

 今回の2台は、1台は普通自動車以上、もう1台は普通2輪の運転免許を持っていなければハンドルを握ることはできない。もちろんバイクとなる1台は、走行中のヘルメット着用義務もある。

 普通自動車以上の運転免許で、4輪の車でも2輪のバイクでもない未知の運転体験が楽しめるのは、カナダのBRP社(日本での取扱いはBRPジャパン/本社:神奈川県川崎市)の「Can-AM Spyder RT」。エンジンは直列3気筒構造の1330ccで115馬力とパワーの点は申し分ない。満タン(26リットル)で、約400キロの走行が可能と燃費も悪くない。またトランクもワイドサイズの155リットルだ。運転操作も最初はとまどうこともあるが、これは慣れの問題、すぐに解消される。タイプ3種、6速マニュアル(価格は198万4,500円)と、AT限定免許でも運転可能な6速セミAT(価格290万8,500円と290万7,500円)。また3車全てにバックギアが付いている。

http://jp.brp.com/spyder/spyder-rt.html より

 もう1台は、今夏ごろからうわさにのぼり、ようやく「東京モーターショー2013」で、初披露となったヤマハ発動機(本社:静岡県磐田市)の「TRICITY Concept(トリシティ コンセプト)」だ。新たなシティコミューターとなるべく開発が進むこちらは、スポーティーな走りを追究しており、海外ではすでに商品化されている3輪バイクの国産バージョンといえそうだ。搭載されるエンジンは125ccATエンジン。快適な走りに加え、抜群の安定感やグリップ性能も特徴だ。またデザインも洗練されており、クールだと好評を博している。発売は来年2014年となる模様で、販売価格は1台40万円以下を目指しているそうだ。なお免許は普通2輪車。普通自動車以上の免許では運転できない。

「第43回東京モーターショー2013 ヤマハ発動機の主な出展モデルについて」ページより

 未知の走りを体験するか、バイクのキビキビとした走りを味わうか。懐具合は別にして、“走る”楽しさに、3輪車という新たな選択肢が加わったことは、確かなようだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5