MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

東海理化(6995) 国内操業堅調、円安加速から修正会社計画以上の増益が見込まれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/26 18:00

<指標面が割安、やや強気の見方を継続>
TIWはやや強気の株価見通しを継続。(1)中間時の会社配当予想増額修正はポジティブ。(2)14/3期に会社は過去最大の設備投資を計画。先行費用が大きく嵩む局面にあるが再度上方修正後の会社計画を上回る増益が見込める。(3)日系苦戦の欧州で、トヨタ自動車(7203、以下トヨタ)外への拡販寄与により黒字を確保している。(4)先行投資拡大、トヨタ向け受注の着実な確保、海外でのトヨタ外拡販により中期的成長が期待できるとの見方に変化はない。以上を踏まえると14/3期予想ROE9.42%対し実績PBR0.99倍など指標面に割安感がある。・・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
日精エー・エス・ビー機械(6284) 次世代機は好感触。生産体制整備も順調で、中期成長見通しを引き上げ
ナカニシ(7716) 来14/12期は欧米で伸びが鈍化もアジアの回復が牽引すると予想
アイシン精機(7259) AT生産台数は上向くも先行費用が依然重い
愛知時計電機(7723) 国内の価格競争を保守的に見て、通期業績予想を見直し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5