MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

面接官、志望動機より身だしなみ重視
就活生、6割がスーツを新調

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/01/25 18:00

 アイデムが12月6日に発表した、2015年度の新卒採用活動を実施予定の企業を対象にしたアンケート調査(調査期間は2013年11月8日~11日、有効回答数1,000)によると、企業が新卒採用選考で重視すると答えた割合が最も多かった項目は「人柄・性格」で92.7%だった。

 以下、「身だしなみ・立居振る舞い」(83.3%)、「志望動機」(74.3%)、「筆記試験の結果」(58.3%)、「学生時代に行った課外活動」(56.9%)、「エントリーシートの内容」(56.9%)と続いた。企業側は、志望動機や筆記試験よりも、人柄・性格や身だしなみを重視していることが分かった。

 採用する企業側がこうした傾向にあるせいか、就職活動中の学生は身だしなみにお金をかける傾向にあるようだ。

 ザ・スーツカンパニーは6日、大学3年生で現在就職活動中の人と、大学3年生でこれから就職活動を始める予定の人あわせて206名に、就職活動でお金がかかるものについて聞いたアンケート結果を発表した(調査期間は2013年12月13日から14日)。それによると、スーツ、靴、シャツなど「身につけるもの」と答えた人が79.6%で最も多かった。以下、「企業訪問をする時の交通費」(70.4%)、「履歴書の写真代」(45.6%)、「就職関連の書籍代」(32.5%)、「調髪代、美容院代、化粧代」(24.8%)などと続いた。

 さらに、就職活動を始めるにあたり、新調(予定を含む)した就活アイテムを聞くと、「スーツ」が65.5%で最も多く、以下、「シャツ」(58.7%)、「靴」(46.6%)、「カバン」「コート」(41.7%)などと続き、「就職関連の書籍」(32.5%)や「手帳」(31.6%)を上回った。

 きちんとした服装をしている人は相手に好印象を与えるだけでなく、信用を得ることもできる。就職試験で身だしなみが重視される背景を考慮すると、身だしなみを整えるための出費は必要不可欠といえるかもしれない。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5