MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

アインファーマシーズ(9627) 14/4期通期計画の進捗に遅れの印象

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/02/26 18:00

<インプレッションは2+へ引下げ>
調剤薬局は医薬分業の進展、医療費や調剤報酬の改定、薬剤師の採用難等に伴い業界再編が進行中。同社は主力の調剤薬局のM&A、好立地の出店、医療モール(賃貸事業)への進出、ジェネリック医薬品(以下GE)の使用促進等により成長力を持続してきた。14/4期3Q累計(5-1月)は堅調な実績を残しているが2桁増収、増益を目論む通期計画の進捗にやや遅れている印象があり、通例4Q(2-4月)に業績を伸ばす傾向があるものの計画の実現性は確実ではなくなった。アナリストインプレッションは再度2+へ引下げる。但し株価はTIW予想PERなどのバリュエーションに多少割安感があり、上昇の余地を残すと考える。
・・・(森田 青平)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
小糸製作所(7276) 国内堅調、北米改善などから会社通期営業利益予想は上方修正
KYB(7242) AC事業が堅調、今期は計画過達を見込み、来期は連続営業増益を予想
スタートトゥデイ(3092) 集客と広告宣伝抑制で大幅増収増益、追い風受けて成長継続と見る
オリンパス(7733) 主力事業に底堅さ。株価の見方を「アウトパフォーム」に変更

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5