MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

BRICS、サブプライム、ジオフロント構想に学ぶ 「昔の言い換え」投資トピックスにだまされるな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/03/12 08:00

 相場全体あるいは特定のセクターが買い上げられる時には、耳ざわりのよい「投資テーマ」が語られます。しかし、「お祭り」が終わってみると、「なあんだ、以前の◯◯を言い換えただけじゃないか!」と気がつくことが多いものです。

珍しく騙されなかった日本人 暗号通貨は△△とそっくり

 最近何かと話題のビットコインは、低コストで様々な通貨に交換可能な利便性や供給量に関して理論的な裏づけがあるという意味では、大変画期的な商品に聞こえます。また、社会の一部でだけ使えるという意味では地域通貨に似ていますし、仮想通貨であるという意味ではオンラインゲーム内通貨にそっくりです。

 一方、「投機目的の利用がほとんど」、「本源的な価値がなく」、「悪意の発行者であれば犯罪の温床となりうる」という意味では、詐欺に使われた仮想通貨「円天」や「現物まがい証券」と同じです。

 今回のビットコイン騒動では、この手のケースでは珍しく、日本で大きな被害が出る前に問題が露見しました。「日本人が買ったら、その投資・投機ブームは終わり」といわれることがしばしばあり、インターネット株、BRICs、サブプライム証券化商品、アフリカ株などはまさにそういった展開でした。

 一方、ビットコインについて、渋谷に世界最大の取引所があったにもかかわらず、多くの日本の投資家が「ババを引く」ことなく済んだのは、日本では“円天”事件の記憶がまだ鮮明で、ビットコイン=“円天のリバイバルのようなもの“と考えた方が多かったからとも思われます。

 そうであれば、過去の投資・投機テーマでリバイバルしそうなものに注意しておくと、役に立つように思えます。

リバイバル必至の投資・投機テーマはこれ?

 今後、体裁をちょっと変えたり、名前を変えたりしながら繰り返し出て来そうな投資・投機テーマには以下のようなものがありそうです。

  • ウォーターフロント
  • Qレシオ
  • 地下開発
  • 新興国をまとめる概念
  • 高信用リスク債権
  • バイオテクノロジー

 それぞれ詳しく見ていきましょう。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5