MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日本一遅い新幹線や「らぶらぶベンチ」など
JR四国、ユニークな企画続々

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/03/15 18:00

 日本一遅い新幹線がのんびりと走り、恋が深まるベンチや金運アップのキップがある。今春のJR四国は、個性的な情報が満載のようだ。

 リニアや豪華な観光寝台列車などといった派手な話題はない。ならばユニークさで勝負だ。いまJR四国(本社:香川県高松市)が展開する、さまざまな集客アイディアが注目を浴びている。

 3月15日より、平均時速が100キロにも満たない“日本最遅の新幹線”「鉄道ホビートレイン」が、しまんとグリーンラインの愛称もある予土線(よどせん)で運行が始まった。

 同トレインは、高知県の若井駅(高知県高岡郡)と、愛媛県の北宇和島駅(愛媛県宇和島市)を結ぶ総延長76.3キロの予土線が、今年で全線開通40周年、宇和島駅と近永駅(ちかながえき)開通100周年を記念して企画されたものだ。

 ベースは既存のディーゼル車両。だが外観は初代新幹線の0系、内部は鉄道模型の展示などミュージアムをイメージしたデザインで、見ても乗っても楽しめる。今年は東海道新幹線も開業50年、“本家”の開業当時の姿で走る四国の新幹線も人気を呼びそうだ。

 予土線では、以前から走る名物車両の「しまんトロッコ(1984年運行開始)」と「海洋堂ホビートレイン(2011年運行開始)」に、今回の鉄道ホビートレインを加えて「予土線三兄弟(YODO LINE BROTHERS)」も結成された。

 こちらの乗車促進と売り上げアップを図るために、特別キップ「しまんとグリーンライン フリーきっぷ(1,940円、4月1日から2,000円・大人、2日間有効)や「スポーツタオル(1,000円)」といったオリジナルグッズの販売にも熱が入る。

「スポーツタオル」

 一方、駅の施設で、おもしろいと話題となっているのが、予土線三兄弟も走る「江川崎駅(高知県四万十市)」と、山あいの秘境駅「坪尻駅(土讃線・どさんせん/徳島県三好市)」に設置された「らぶらぶベンチ」。座席が中央に向けV字となっており、離れて座っても物理的に接近してしまうつくりだ。なお設置駅のうちで、江川崎駅は昨年、暑さ日本一を記録した地域の最寄り駅。もし今夏、恋する2人が同ベンチに腰かければ、アツアツムードで記録更新となるかもしれない。

 さらに、金運グッズの販売終了が迫ってきた。香川県の観音寺市(かんおんじし)は、古くは見れば一生お金に困らないとされる寛永通宝の砂絵がある場所として、最近も2013年にはロト7で宝くじ史上で最高賞金額となる8億円が2口出るなど、金運アップにご利益ありといわれる場所だ。

 このパワーにあやかってみてはと、昨年7月に発売されたのが「金運上昇祈念入場券」。観音寺駅と近隣している4駅を合わせて「観音寺を訪れた人が、お金(金蔵寺駅)が財布(讃岐財田駅)に入って(塩入駅)豊か(豊浜駅)になる」とした金色の入場券5枚セットだ。価格は1セット800円。発売は3月31日まで。

 春の陽気に誘われて鉄道の旅でもと思ったら、四国に出かけてみるのも面白そうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5