MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

タブレット端末出荷台数、前年同期比20%増
一方で「欲しいと思わない」も5割

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/03/23 14:00

 インターナショナルデーターコーポレイションジャパン(IDC Japan)が3月11日に発表したレポートによると、2013年第4四半期の国内タブレット端末の出荷台数は、前年同期比21.5%増の223万台となり、四半期ベースで初めて200万台超の出荷実績を記録した。

 アップル社の「iPadシリーズ」の出荷が好調だったほか、NTTドコモ向け4G回線付きアンドロイド端末の販売が順調なことや、マイクロソフト社の「Windowsシリーズ」端末の出荷が急拡大したことなどが、好調の要因として挙げられている。

 こうした状況のもと、ライフメディア リサーチバンクが1月3日から8日にかけて行った調査によると、77.7%の人がタブレット端末を「持っていない」と回答した。

 そこで、タブレット端末を持っていない人に、今後タブレット端末を利用したいかを尋ねたところ、「購入を検討している」は5.8%、「欲しいと思っている」は40.2%であったのに対し、54.0%の人が「購入・利用したいと思わない」と回答した。

 タブレット端末を「購入を検討している」「欲しいと思っている」と回答した人にその理由を複数回答で聞くと、「持ち運びに便利そうだから」(52.4%)、「PCでできることの多くがタブレット端末でできるから」(48.0%)、「スマホより画面が大きく見やすいから」(43.8%)などが多かった。

 一方、タブレット端末を「購入・利用したいと思わない」人にその理由を複数回答で聞くと、「パソコンがあれば良いから」(72.6%)が最も多く、以下、「スマホがあればいいから」(29.7%)、「価格が高いから」(14.6%)などが続いた。

 パソコンやスマートフォンの普及が進む中、タブレット端末を持つことに対しては、賛否両論のようだ。さらに普及を加速させるためには、利用目的に応じたメリットを一層訴えていく必要がありそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5