MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

若手社会人、貯蓄が多いのは男子
1年目の平均額は49万9,343円

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/04/27 18:00

 新社会人のお金に関するアンケートで、貯蓄に対する意識の高さが判明。一方、先輩社会人は、貯蓄と支出のバランスが必要とアドバイスしている。

 最近の若手社会人のお金に対する意識は、どのようなものだろうか。

 ソニー生命は3月10日から17日にかけて、この春就職する社会人1年生500名と、社会人2年生500名を対象にアンケートを実施し、その結果を4月15日に発表した。

 社会人1年目で充実させたいと思うこと(思っていたこと)は何か複数回答で聞いたところ、「業務知識習得」(58.8%)、「貯蓄」(56.8%)、「業務技能習得」(56.4%)がトップ3にランクイン。仕事のスキルアップと同等に、貯蓄にも関心がある様子がうかがえた。

 そこで、社会人2年生を対象に、社会人1年目で貯蓄した金額を聞いたところ、最も多かったのは「1円~10万円」の23.4%だった。以下、「50万円超~100万円」の19.4%、「0円」の13.8%、40万円超~50万円」の12.6%と続き、しっかり貯蓄ができた層とあまりできなかった層とに分かれる結果となった。貯蓄の平均額は、男性が49万9,343円で、女性が38万1,292円。社会人2年生の場合、男性のほうが堅実に貯蓄をしているようだ。

 一方、ドゥ・ハウスは、3月13日から17日にかけて、全国の20歳から59歳の有職者の男女を対象に、「新社会人」に関するWEBアンケートを実施。1,737人から回答を得た。

 それによると、社会人になってから必要になったと感じる出費を聞いたところ、「お酒を伴う交際費」(47.0%)、「冠婚葬祭費」(45.0%)、「税金・年金」(37.0%)がトップ3にランクインした。税金や年金は学生の時にも関係がある項目だが、給料から天引きされるようになり、改めて支払っていることを実感する人も多いようだ。

 また、新社会人に向けて、お金の使い方に関するアドバイスを募ったところ、「お金をためる習慣をつけつつも、使うときは使う」というコメントが多かった。

 何事もバランス感覚は大事ではあるが、お金に対しても当てはまるようだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5