MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

竹田城跡だけじゃない、「天空の城」人気
岡山・備中松山城、福井・越前大野城など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/11 14:00

 日本各地の「天空の城」と呼ばれる山城を目当てに多くの観光客が訪れている。最近、知名度アップの活動を始めたところもある。

 日本各地には、幻想的な景色を見ることができる山城(やまじろ)がいくつかあり、「天空の城」とも呼ばれ人気となっている。

 まず、雲海に浮かぶ姿から「天空の城」として有名なのが、兵庫県朝来(あさご)市の「竹田城跡」。竹田城跡は山城遺跡として完存する全国でもまれな遺構で、「日本100名城」に選ばれたり、各種メディアに登場したりしたことから、観光客が増加した。特に美しいのは雲海に包まれた姿や竹田城跡から見下ろす風景で、天空に浮かぶ城を思わせることから、「天空の城」や「日本のマチュピチュ」などと呼ばれるようになった。竹田城跡の観覧料金は大人300円で、中学生以下は無料。

 また、岡山県高梁(たかはし)市の「備中松山城」も、雲海に浮かぶ姿が幻想的だ。備中松山城は標高430メートルの臥牛山頂上にあり、現存天守を持つ山城としては最も高い所にある。山頂付近に建つ天守は国の重要文化財にも指定されており、歴史的価値が非常に高い。備中松山城の入城料は大人が300円で、小中学生は150円。竹田城跡同様に、9月下旬から4月上旬の早朝にかけて雲海が出る日が多い。

 一方、福井県大野市の、大野盆地の中心にある「越前大野城」は、朝霧に覆われた城がとても美しい。4月には大野市の有志らでつくる市民グループ「ラピュタの会」が発足し、「天空の城 大野城」の知名度向上を目的に活動を始めている。大野城の天守閣は昭和43年に再建されたもので、内部にはかつての城主らの遺品などが展示され、資料館として活用されている。大野城の入館料は大人が200円で、小人は無料。

 山城から幻想的な景色を眺めながら、当時の人々の思いを想像してみるのも面白そうだ。

2014年05月11日 14:00の記事公開時に、岡山県高梁市の読みかたを(たかせ)と表記しておりましたが、(たかはし)の誤りでした。訂正してお詫びします。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5