MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

老舗倉庫会社、斬新サービス
ヤフオク出品代行や保存食カフェなど

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/10 22:00

 寺田倉庫は東京の品川エリアを中心に、古くから倉庫業を営む会社だ。そして斬新なサービスを展開することで有名な会社でもある。

 断捨離(だんしゃり)などいわれても、人はなかなかモノを捨てることはできない。ならばこんな手もある。モノの「保管・保存」のプロである、寺田倉庫(本社:東京都品川区)のユニークなサービスを利用すれば、整理整頓ができるかもしれない。

 同社の「minikura MONO(ミニクラ モノ)」は、箱単位でモノを預けるサービスだ。利用法は最初にウェブサイトで専用ボックスを購入(250円・税込)する。その後、届いた専用ボックスに品々を詰めて送料無料の宅配便で送れば、1カ月250円(税込)で寺田倉庫の施設で保管してもらえる。専用ボックスは、雑貨類に適したMONOレギュラーキット(サイズ:40×40×40センチ)のほか、アパレル、ブックなどに適した3種類が用意されている。いずれも1箱あたり最大30品、20キログラムまで。

 同サービスでは保管・保存のみならず、便利な機能も満載だ。ひとつはリスト化。依頼した品は、アイテムごとに分類、および写真撮影され、ウェブサイトの「マイページ」で閲覧ができる。また不要となれば、そのままYahoo!オークションへ出品することも可能。こちらも預けたままの状態で、出品から落札後の配送といった一連の作業を代行してくれる。ほかにも別途料金は発生するが、クリーニングや古い書類・写真のデータ化にも対応してもらえる。

 加えて今秋10月13日までは「miniku LOVE(ミニク ラヴ)」もある。期間限定の同サービスで預かるのは、多くの人が処分には二の足を踏みがちな昔の彼、彼女との思い出の品々だ。こちらでもリスト化と写真撮影が行われるため、ウェブサイトのマイページにアクセスをすれば、いつでも“密か”に確認もできる。オプション機能にも、預ける品々にふさわしく文章を音声化する「ラブレター肉声化システム(4,200円・税込)」なども設けられている。なお10月13日以降は「minikura MONO」として、継続しての利用も可能だ。

 さらに寺田倉庫には、保管・保存をテーマにしたコンセプトショップ「Tera Cafe’ Bar(テラカフェバール/東京都品川区)」もある。昨年12月にオープンした同店では、日本初となるイタリアの老舗コーヒーメーカー「Bristot Coffee」の1杯(エスプレッソ・250円・3月時点の税込価格ほか)とともに、保存食を食べることができる。種類も豊富で、昔ながら瓶詰タイプから最新のフリーズドライに、話題のミリメシや自然解凍で食べる冷凍パンなどがずらりと並ぶ。そのままではもちろん、用意されている野菜ペーストや酒粕をプラスして味に変化を加えることもできる。

 賢くモノを保管、保存して快適ライフ。風薫るさわやかな季節を迎えたいまこそ、一考する時かもしれない。保存食に舌鼓でも打ちながら、対策を考えてみるのもよさそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5