MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

個性的な味わいの乳酸菌発酵茶
腸内の健康や免疫力アップにと注目集まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/24 14:00

 最近は、個性的な味わいの乳酸菌発酵茶に注目が集まり、愛飲者が増加しているようだ。

 ヘルシーでクセになるお茶として、乳酸菌発酵茶に注目が集まっている。腸内の環境を整え、体の免疫力アップにも役立ちそうと、健康に関心の高い人々の間で見逃せない存在となっている。いま注目の逸品は、高知と静岡にある。

 まず、高知産の乳酸菌発酵茶は、ほのかに酸っぱい。中国やミャンマーがルーツといわれる「碁石茶(2,940円・50グラム・税込、大豊町碁石茶協同組合/高知県長岡郡)」は、蒸した緑茶に麹に似た菌が付着したむしろをかけ、樽に漬け込み重しをのせ発酵させる。その後に天日干しで乾燥させれば完成となるが、漬物づくりさながらの工程を経るだけに、お茶には乳酸菌と麹がたっぷり含まれている。味も少し酸味がある独特のものだが、何度か飲むと手放せなくなってくるという。

碁石茶
http://www.town.otoyo.kochi.jp/tokusan/dtl.php?id=43 より

 また、静岡の「せねっか茶(500円・50グラム・税込、岩沢園製茶/静岡県菊川市)」は、香りの高さが特徴の乳酸菌発酵茶だ。製造は、自然栽培の茶葉をしおれさせ、その後に高濃度乳酸菌を付着させ発酵させる。これはウーロン茶などにも用いられる萎凋(いちょう)と呼ばれる工程にインスピレーションを得て考案されたものだ。静岡独自の個性のある銘茶と県がアピールする「ふじのくに山のお茶100選」でもある同茶は、ホットよりアイスがおすすめともいわれる。まさに、これからのシーズンには最適な1杯かもしれない。

碁石茶
http://www.at-ml.jp/index.php?tn=index&in=61147&pan=39 より

 1年で最初に摘まれた茶葉でつくられ、一番茶とも呼ばれる新茶のさわやかな味わいは確かにおいしい。しかし最近注目の乳酸菌発酵茶たちも、ひとくせある個性的な味ぞろい。食生活に加えれば、きっといま以上にヘルシーで、暮らしの良きアクセントになってくれそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5