MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

第一三共(4568) ランバクシー売却で最大のマイナス要因が消滅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/27 15:00

 <ランバクシーを売却>
米FDAから品質管理で指摘を受け対米輸出が事実上ストップしている連結子会社ランバクシー・ラボラトリーズ(RLL)をインド大手後発医薬品会社サン・ファーマシューティカル・インダストリーズ(以下サン・ファーマ)へ売却、業績の足かせが外れた。国内医薬品は新製品中心に堅調、近く抗血栓剤2品目をグローバルに発売する見込みなので業績は上向きに転ずると予想する。インプレッションを中立へ戻すが、RLLの譲渡が完結するまで多少の曲折が予想されるのでさらなるランクアップは暫く留保したい。
・・・(森田 青平)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
ディー・エヌ・エー(2432) スマートフォン向けヒット作伸び悩み、苦戦続くと見てTIW予想引下げ
エイベックス・グループ・ホールディングス(7860) 成長エンジンとしての映像事業の牽引力不足で事業拡大速度の鈍化は避けがたいと見る
アズビル(6845) 今期は増収増益計画ながら、収益成長にまだ加速感は見えてこない
日立製作所(6501) 収益性の向上が今期も継続。株価に対する見方は不変

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5