MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

マキタ(6586) 地域別で濃淡あるが、全体では今期計画値は確保できると予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/27 15:00

 <「アンダーパフォーム」の見通しを据え置き>
今期は地域別では強弱感があるが、計画は総じて保守的で、大きく業績が崩れる懸念は少ないとみる。一方で、世界のマクロ経済状況から、顕著なアップサイドの可能性も低いだろう。生産再編効果の発現や園芸工具の更なる拡販等が中期的な収益性向上の鍵を握るとTIWでは見ている。現在の株価に特段割安感は見られず、上昇余地が限定的とTIWでは判断し、「アンダーパフォーム」の見通しを据え置く。
・・・(服部 隆生)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
第一三共(4568) ランバクシー売却で最大のマイナス要因が消滅
ディー・エヌ・エー(2432) スマートフォン向けヒット作伸び悩み、苦戦続くと見てTIW予想引下げ
エイベックス・グループ・ホールディングス(7860) 成長エンジンとしての映像事業の牽引力不足で事業拡大速度の鈍化は避けがたいと見る
アズビル(6845) 今期は増収増益計画ながら、収益成長にまだ加速感は見えてこない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5