MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

当たるとうれしいプレゼント・キャンペーン
企業はスマホやSNSを積極活用

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/06/07 20:00

 最近は企業が行うプレゼント・キャンペーンも、使用する端末やメディアが多様化しているようだ。

 マイボイスコムが5月23日に発表したレポートによると、10代から50代以上の男女を対象に、4月1日から5日にかけて調査(有効回答1万1,365件)を実施したところ、直近1年間にプレゼント・キャンペーンに応募した人は55.7%で、半数以上の人が何らかのプレゼント・キャンペーンに応募していた。

 応募したプレゼント・キャンペーンの景品について具体的(複数回答)に聞くと、「現金・金券、図書カードなど」「食料品」「お酒」「飲料(お酒以外)」が上位にランクインした。

 また、プレゼント・キャンペーンの応募方法を複数回答で聞くと、「パソコンで、ウェブサイトから」が73.0%で最も多く、「郵送」(48.1%)を大きく上回った。また、「FacebookやTwitter、LINE」(パソコンからが8.1% 携帯・スマホから3.3%)と答える人もおり、最近はSNS経由で応募する人も増えているようだ。

 こうした背景もあり、企業はスマートフォンなどの携帯端末やSNSを積極的に活用したプレゼント・キャンペーンを展開するケースも増えている。

 スマートフォンで遊べるトヨタの「PASSO AMIDA DRIVE」もその一つ。ドラえもんリアル版として人気のCMと連動した仕掛けが面白い。ウェブサイトでは「アミダくじで毎日占う、しずか的生き方。」というあみだくじがあり、ポイントに応じてプレゼントに応募することができる。プレゼントの「しずかも行きたい お風呂旅」プランには、「選べる国内温泉宿泊券」のほか、「近くの銭湯入浴権」「新型PASSOカラフル入浴剤」などがある。

 一方、日本コカ・コーラは、FacebookやTwitterでコカ・コーラパークにログイン後、ボトルに記載されている9桁のコードを入力すると、自分の「ネームボトル」をウェブサイト上に作ることができる「ハッピーカードスタジアム」を展開。また会員登録するともらえるパークゴールドを、ゲームなどで増やしてさまざまなプレゼント・キャンペーンに応募できる企画も実施している。

 インターネット上のプレゼント・キャンペーンは、気軽に楽しみながら参加できるのが魅力。仕事や勉強の合間の息抜きにチャレンジしてみるのも面白そうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5