MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

第1四半期住宅リフォーム市場、前年比40.7%増
同時にトラブルや相談事例も増加

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/06/22 18:00

 駆け込み需要もあり、住宅リフォーム市場は成長を続けている。その一方で、訪問販売に関する相談も増えており、消費者は注意が必要だ。

 2014年の住宅リフォーム市場は、明るい兆しが見られる。矢野経済研究所が6月6日に発表した、「2014年第1四半期(2014年1月~3月)の住宅リフォーム市場に関する調査」の結果によると、2014年第1四半期の住宅リフォーム市場規模は、前年同期比で40.7%増の1兆7,724億円と推計された。

 4月に実施された消費税増税にともない、設備交換を中心としたリフォームの駆け込み需要が発生し、需要が大きく拡大した。また2013年冬の賞与が好調であったことや、2014年春以降に企業の賃上げの動きが広がるなど、消費者が景気回復の恩恵を受けたことも、需要拡大の要因になったようだ。

 今後の見通しについては、消費税増税の影響がどの程度現れるのか判断が難しいとしながらも、消費税増税直後の4月単月の需要は前年同月比で17.4%増加しており、景気回復が本格化すれば、来年10月の再増税に向けても需要が順調に伸びそうだ。

 このように住宅リフォーム市場が活気づく一方で、リフォームに関するトラブルや相談事例も増えている。

 国民生活センターによると、リフォーム工事に関する相談件数が年々増加しており、2013年度の相談件数は、前年度の6,489件を大きく上回って7,131件に達した。また、2014年度を見ると、4月30日現在で220件の相談が寄せられており、前年同期の180件をさらに上回っている。中でも、訪問販売によるトラブルが目立っており、雨漏りすると脅かされて契約したケースや、高齢の親が契約したことを家族が不審に思い、相談したケースなどもあるという。

 リフォーム工事は高額な工事も多く、施工後のメンテナンスが必要になるケースもある。トラブルを回避するためにも、訪問販売で強引に契約を迫る業者との取り引きは避けて、複数の業者に見積もりを依頼するなどして、信頼できる業者を選ぶようにしたい。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5