MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

大人も楽しめる、この夏注目の展覧会
仏様のマンガやトイレ、平城京のナンバーワンなど

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/07/27 18:00

 子どもだけではなく、大人も楽しめる展覧会。夏休み期間を中心に出かけてみるのによさそうなイベントが全国各地で開催されている。

 いまや世界が認める日本の文化である漫画。そんな日本の著名な漫画家たちが、仏様を描いたら、という展覧会「漫画家による仏の世界展」が開催される。今夏は3月の京都、5月東京に続く第3回目として、成田山新勝寺(千葉県成田市)参道沿いにある老舗旅館である梅屋旅館が会場となる。出展漫画家は、いずれも大御所ばかり。そして展示される絵画は、例えば「お出かけですか?」のセリフが聞こえてきそうな赤塚プロの千手観音像や、ゴルゴ13を思わせるさいとうたかを氏の“護留護天”など、誰もが知っているあの独特なタッチの仏様が展示されている。料金は800円(税込・大人)。会期は8月1日から24日まで。

 また、毎日利用するのに実はあまりよく知らない場所を、じっくりと考えてみるのが「トイレ? 行っトイレ! ぼくらのうんちと地球のみらい(日本科学未来館/東京都江東区)」だ。トイレに関するうんちく、最先端機種の紹介から、世界のさまざまな問題、さらにはうんちと健康についてまで、徹底的にトイレとうんちについて学ぶ。また会場内には、自らがうんちとなって、下水道の旅ができる滑り台も用意されている。スタート地点は巨大な便器で、利用する際は頭に“うんちの帽子”をかぶって出発だ。昔から、鞍上、枕上と並び厠上は、面白い考えが浮かぶ場所でもある。トイレづくしの会場内にいれば、イノベーティブな発想を思いつくことも、あるかもしれない。現在開催中。終了は10月5日まで。入場料は1,200円(大人・税込)。

 一方、テーマは「ナンバーワン」。現在、独立行政法人 国立文化財機構奈良文化財研究所 平城宮跡資料館(奈良県奈良市)では「平城京ビックリはくらんかい−奈良の都のナンバーワン」が開催されている。平城京の中心である平城宮の本格的な発掘調査が始まって今年で65年。同博覧会では、いまから1300年前の人々が残した出土品の中から、大小サイズの一番のほか、一番の手抜きや、やっかい、コワい、くさそうなど、選りすぐりの一番が集められた。入場料は無料となっている。9月21日まで開催中。

 いずれも親子連れはもちろん、大人同士で出かけても有意義な時間となりそうだ。斬新な展示物を見学すれば、いい頭の刺激になるかもしれない。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5