MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

マルカキカイ(7594) 下期の業績は一段と上向く見込み、指標面に割安感が強い

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/07/23 18:00

<株価の上昇余地は大きいと考える>
7月16日、14/11期上期決算説明会を開催。今期は全米への販路拡大などを目指し進めた北米におけるDMG森精機(6141)製品取り扱い取り止めの影響が懸念されたが、他メーカー製品への入れ替えが順調であることが確認できたこがポジティブ。下期に業績は一段と上向く見込みで14/11期は営業段階で2期ぶりの増益で着地の見込み、成長市場強化に伴う費用先行から暫く業績は足踏みしたが、ネットワークの充実度から今後海外で一層ビジネスが拡大する公算が大きいと見る、強固な財務、などを踏まえると株価指標面(14/11期予想PER8.2倍、実績PBR0.77倍)に割安感が強い。強気を継続。
・・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
OSG(6136) 上期業績は想定内の進捗。株価に対する見方は変わらず
グラファイトデザイン(7847) 株価上昇ポテンシャルは極めて大きい
マニー(7730) 海外生産移管や高付加価値品の拡販による収益性向上を予想
バリュー投資再考 -林 茂-

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5