MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日野自動車(7205) 1Qは減益決算もアジア以外の海外地域好調が評価できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/07/30 18:00

<1Q減益は織り込み済み、足元は明るい材料が多い>
29日、15/3期1Q(4-6月)決算を発表。タイ、インドネシア悪化による減益決算は想定線で株価に織り込み済みと考える。むしろ、北米を中心としたその他地域の売上、営業利益が1Qとしては過去最高となり、海外主要東南アジアの悪化の一部を補っており、グローバル化が一段と進んでいることが中期的成長余地との視点から評価できる。加えて、同日の決算説明会では国内販売に上ブレ余地がある、トヨタ自動車(7203、以下トヨタ)ビジネスが上向き方向、などが示されたことがポジティブ。通期計画は据え置かれているが今後上方修正の可能性があり、TIW予想ROE18.61%、予想PER11.3倍など指標面も割安からやや強気を維持。・・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
トランザクション(7818) 14/8期は会社計画は十分達成可能、対象決算期の以降で割安感が際立つ
日産自動車(7201) 主要地域の販売好調により1Qは営業段階2桁増益、順調に発進
中外製薬(4519) がん領域の新製品に期待
ジェイアイエヌ(3046) 戦略再構築中だが具体化は先、苦戦続くと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5