MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

曙ブレーキ工業(7238) 北米出遅れから1Qの発進は低調だが通期で挽回を見込む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/08/20 18:00

<強気→やや強気に株価見通しを修正>
15/3期1Q(4-6月)の出遅れ、TIW通期予想下方修正から株価見通しを引き下げる。ただし、やや強気に止める。理由は(1)出遅れは北米における悪天候と一過性の要因が主因、(2)ハードルは高くなったが大幅増益を見込む15/3期会社計画達成は可能と見る、(3)�@売上規模5割弱の北米は足かせとなってきた独ロバート・ボッシュからの譲受事業の改善、不採算ビジネス終了により一段の収益向上が見込める局面、�A日本では構造改革の進展と補修品ビジネス復活が見込める、�B成長市場は拡販進展により好調、などから16/3期は連続大幅増益が見込めるなどV字回復基調にあるとの見方に変化なく、翌期ベースでは指標面に割安感(16/3期TIW予想PER8.6倍)が生じる、などによる。
・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
テルモ(4543) 原価低減・生産性向上の継続性を見極め。株価に対する見方は不変
日医工(4541) 政府の後発医薬品使用促進策で大幅増収
ディスコ(6146) 中国携帯電話網LTE化に加えLED関連需要で成長継続を期待
ヤマハ(7951) 主力の楽器は想定線の進捗の一方、楽器以外で若干弱含み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5