MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

カルソニックカンセイ(7248) 1Qは米州収益改善により2桁営業増益となり順調に発進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/08/25 18:00

 <前回からの強気の見方に変化なし>
15/3期1Q(4−6月)決算において、(1)日本の損益分岐点の低下(日産自動車〔7201、以下日産〕の国内生産年間100万台割れ〔1Qの日産生産台数実績は20.1万台〕利益が生める体質)、(2)合理化進展による米州収益の向上、などが確認できたことがポジティブ。加えて、TIW予想を下方修正したとはいえ、15/3期は会社計画超過達成と連続営業増益での着地の見込み、今後は投資増が一服し、収穫期に入るが、体質改善も相俟って日産の台数成長を捉え一段の利益水準向上が見込める、などの見方に変化はなく、15/3期TIW予想ROE11.60%に対し実績PBRは1.02倍に止まり指標面も依然割安から前回からの強気の見方を維持する。・・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
グリー(3632) 苦戦継続、新作で状況好転への可能性見せるも効果は当分先と予想する
トラスコ中山(9830) 自動車メーカーによるモデルチェンジ投資牽引で成長継続期待
ニコン(7731) 通期予想を下方修正。株価見通しも慎重な見方に変更
堀場製作所(6856) 下期は排ガス装置の新製品比率が高まることで収益寄与に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5