MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

パイオニア(6773) ホームAV事業譲渡協議の進展に注目。株価に対する見方を変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/08/27 18:00

<見通しを「アンダーパフォーム」に変更>
同社は6月24日、ホームAV事業を手掛ける子会社の株式の一部を譲渡することで合意したと発表している。想定されていた動きではあるが、全体の収益性向上に繋がり、コアであるCE(カーエレクトロニクス)の競争力強化に集中できる点でポジティブな話だ。今後の協議の進展に注目。株価は8月に入り上昇ピッチが加速している。現在の株価は、指標面で割高感も台頭。ホームAV事業売却のニュースも出尽くし、新たな好材料も目先考えにくく、当面株価は調整する可能性が高いとTIWでは見ている。TIWでは株価の見通しを、従来の「アウトパフォーム」から今回「アンダーパフォーム」に変更する。
・・(服部 隆生)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
横河電機(6841) 1Qは減益決算も通期業績に対する見方は従来から変わらず
シチズンホールディングス(7762) 1Qは米国ブランドで一時費用が発生したが、株価に対する見方は不変
オリンパス(7733) 医療は順調。映像ではミラーレスの更なるコスト改善が必要
カルソニックカンセイ(7248) 1Qは米州収益改善により2桁営業増益となり順調に発進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5