MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

KYB(7242) 1Qは営業微増益に止まったが、海外製造拠点立上げが相次ぐ中で順調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/08/27 18:00

<評価不足との見方に変化なし、やや強気を継続>
15/3期上期営業利益計画の52.8%を1Q(4-6月)に遂行。順調に発進。TIWは次の理由から15/3期TIW予想ROE8.10%に対し実績PBR0.80倍の株価は評価不足と考えやや強気の見方を維持。(1)15/3期は製造拠点立上げが相次ぎ先行費用が嵩む局面にあるが、会社計画を上回る営業増益が見込める。(2)1.CVT用ポンプ受注堅調、市販用SA販売網拡充、欧州メーカー向け拡販進展などにより中核AC(オートモーティブコンポーネンツ)事業の伸び余地が大きい。2.HC(ハイドロリックコンポーネンツ)事業は中国建機向けが最悪期を脱し基本は回復基調。3.AC及びHC事業ともに供給体制が充実、などから15/3期は前期から鈍化も、16/3期以降は拡大基調が強まると見方に変化はない。などによる。
・・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
パイオニア(6773) ホームAV事業譲渡協議の進展に注目。株価に対する見方を変更
横河電機(6841) 1Qは減益決算も通期業績に対する見方は従来から変わらず
シチズンホールディングス(7762) 1Qは米国ブランドで一時費用が発生したが、株価に対する見方は不変
オリンパス(7733) 医療は順調。映像ではミラーレスの更なるコスト改善が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5