MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

未婚女性の約9割が「結婚式」にマイナスイメージ
理由のトップは「お金がかかるから」59%

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/09/21 14:00

 多くの女性が憧れる結婚式。意外にもマイナスイメージを抱く女性が多かった。

 インターファームは8月22日から30日にかけて、ウェディングに関するアンケートを実施し、その結果を9月8日に発表した。調査対象となったのは、20代と30代の未婚女性315名。

 まず、結婚式と聞いて思い浮かぶイメージを聞いたところ、「華やか」が60%で最も多かった。以下は「憧れ」の17%、「楽しい」の12%と続き、約9割の女性がプラスのイメージを抱いていた。「楽しくない」は11%だった。

 同時に、現実的な結婚式のイメージを聞くと、「お金がかかる」が59%で最も多く、以下は「めんどう」の17%、「疲れる」の12%など、マイナスなイメージが続いた。「憧れ」と「楽しい」はそれぞれ6%にとどまった。

 未婚女性が抱くウェディングのイメージには、現実と理想のギャップが大きいようだ。そこで、ウェディングの現実的なイメージのトップに挙げられた「お金」について、具体的に調べた調査結果もある。

 みんなのウェディングは4月3日から15日にかけて、過去1年以内に挙式・披露宴を実施した女性522名を対象に調査を実施。その結果を「みんなのウェディング白書2014」と題し、ホームページ上で公開している。

 それによると、結婚式・披露宴の予算総額を聞いたところ、最も多かったのは250万円以上300万円未満の19.5%。以下、300万円以上350万円未満の15.9%、200万円以上250万円未満の15.1%、150万円以上200万円未満の11.3%と続いた。

 一方、結婚式・披露宴で実際に支払った金額は、300万円以上350万円未満の16.1%が最も多く、以下、350万円以上400万円未満の13.8%、250万円以上300万円未満の12.3%、200万円以上250万円未満の11.9%と続いた。平均金額は298万5,000円だった。

 実際に結婚式を挙げるとなると、予算オーバーすることも多いようだ。こうした現実を目の当たりにし、未婚女性の多くがウェディングにマイナスイメージを抱いてしまうのかもしれない。

【関連記事】
「なし婚」の増加で縮小するブライダル市場 生き残りのカギは時代に沿った新サービス
結婚式二次会の演出に地域色 負担軽減、代行業者にも注目集まる
プロポーズ、「理想と違った」が過半数 10月の婚約指輪平均単価は20万2558円
既婚男女、6割が「結婚生活の危機あった」 円満な夫婦関係に欠かせない「お金」と「信頼」
2020年度には約800億円市場規模予想も! 今話題の「ソーシャルギフト」とは

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5