MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ニッパツ(5991) 上期利益計画下方修正は自動車関連での一過性要因が主因、懸念は少ない

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/09/26 18:00

<中立からやや強気に引上げ>
株価見通しをやや強気に引き上げ。(1)15/3期1Q(4−6月)決算公表時に会社は利益計画を下方修正したが一過性要因が主因で尾を引かないと見る。(2)転換社債発行による希薄化懸念は織り込まれたと考える。(3)懸念されたHDD用サスペンション需要はTIW想定ほど落ちぬもよう。(4)自動車関連における先行費用増から15/3期は減益を見込むが、会社計画以下に止まると見る。(5)HDD関連はPC需要の中期的低迷に対応した体制にすでになっているため業積の足かせになるリスクは低いと判断、このため、16/3期以降は自動車関連牽引による増益基調回帰を予想。(6)15/3期TIW予想PER10.9倍など指標面が割安。などによる。
・・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
江守グループホールディングス(9963) 中国減速には警戒も、業績予想・株価見通しは従来通り
ケーヒン(7251) アジアが堅調、順調な米州収益改善には伸び代があろう
大研医器(7775) 高付加価値の主軸製品が今期の収益増を牽引するとの見方は不変
国際計測器(7722) 足元の受注も底堅く、通期業績に一段の上乗せ余地

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5