MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

豊田通商(8015) CFAO社業積及びタイ自動車生産の改善が待たれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/09/29 18:00

 <株価見通しは中立を継続>
過去最大級の買収、CFAO社(アフリカで事業展開の仏商社で14/3期より連結)業積減速及び自動車関連への影響が大きいタイ自動車生産の想定以上の悪化が株価の重石。とはいえ、(1)こうした現状を踏まえても15/3期は増益、増配見込みに変化なし。(2)トヨタ自動車(7203、以下トヨタ)の海外生産拡大と過去の投資寄与により増益基調がこの先見込める。(3)15/3期TIW予想PER11.9倍など指標面が割安。などから中立を維持。CFAO社もタイ自動車生産もいずれ回復・伸長が見込めることも株価の支えとなろう。・・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
ティー・ワイ・オー(4358) 新規カバー開始、成長意欲旺盛な広告映像制作大手
UKCホールディングス(3156) 通期TIW予想を会社計画線まで引き下げ。株価見通しは従来通り
日精エー・エス・ビー機械(6284) 来期も堅調な受注環境が継続する可能性が高い
ニッパツ(5991) 上期利益計画下方修正は自動車関連での一過性要因が主因、懸念は少ない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5