MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

NOK(7240) 通期営業利益予想を108億円上方修正、なお上ブレ余地があろう

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/10/22 18:00

<投資評価は「1」を維持>
21日、会社は15/3期上期、通期計画上方修正を発表。上方修正は前回9月1日付けTIWレポートで想定したとおりだが、修正金額が想定以上に大きかった、中間配当を従来予想の1株当り10円→15円への引上げた、などがポジティブ。(1)上方修正後の会社計画にはなお上ブレ余地があると見る。(2)シール、電子機器部品の主力2事業ともに収益拡大余地は依然大きく16/3期以降も増益基調との見方に変化はない。(3)TIW予想上方修正により指標面の割安感(15/3期TIW予想ROE10.18%、予想PER11.1倍)が増した。などから投資評価は「1」を維持。当面のターゲットはPER15.0倍(東証1部全銘柄)の3,200円程度とする。
・・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
エービーシー・マート(2670) 引き続きスニーカー好調、秋冬物新トレンドによる好調維持を期待
ファーストリテイリング(9983) 海外成長減速も、デフレ銘柄としての人気当面継続と見る
マニー(7730) 今15/8期も主要3部門の底堅い伸長・原価低減効果が見込める
良品計画(7453) 積極出店でアジア中心に海外牽引の成長図る戦略、国内も好調継続期待

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5