MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日本光電(6849) ほぼ想定内の進捗。中期的な見方に変化はない

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/17 18:00

<「アウトパフォーム」の見通しを維持>
上期決算では新たな好材料こそ出なかったものの、国内がプラス基調に戻り、海外も同社の得意とする生体情報モニタ新製品効果もあり実質2桁増収を確保するなど、製品力強化・販売力強化の成果も着実に表れつつある。今後も国内病院向けは救急医療・周産期医療体制整備の観点から底堅く推移するとみられる他、海外も製品ラインアップの拡充、新興国を中心とした販売網強化の効果が加速してくると予想される。消耗品を含む自社製品の販売拡大により、中期的に粗利率の緩やかな向上が可能との見方も変わらない。成長性から見て株価に依然割安感がある水準とTIWでは判断し、「アウトパフォーム」の見通しを据え置く。
・・・(服部 隆生)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
ディスコ(6146) 中国LTE化に加えインドのスマホ普及による中国向け需要で成長継続を期待
ディーブイエックス(3079) 心臓疾患系医療機器・器具の販売会社として高成長続く
トヨタ自動車(7203) 北米、アジアなど主要海外地域におき収益体質改善が顕著
シスメックス(6869) 海外が好調。利益も強含みで、TIW通期業績予想を引き上げ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5