MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

サッカーから派生した世界各国の新スポーツ
日本でも徐々に広がる

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/30 12:00

 世界を舞台に活躍する日本のプロスポーツ選手に声援を送りながら、ふと自らも世界を相手にと想像を巡らし、それは無理かと苦笑する。しかし、この思いはまんざら夢ではないと、新たなスポーツが話題となっている。どれもサッカーから派生したもので、まだ日本ではマイナーな存在だが、世界では結構人気が高いものばかりだ。

 腕ならぬ足に覚えがある人なら、現在出場チームを募集中の「F5WC Presented by Ford in JAPAN」を見逃すわけにはいかない。来年2月に日本初開催となる同大会は、2013年に中東のドバイで始まったアマチュアサッカーチームの世界大会「F5WC(The Football Five’s World Championship)」の日本代表を決める予選会だ。試合は1チーム5人制だが、使用球は11人制と同じ。いわば通常のサッカーの縮小版だ。そのため世界のプロチームのスカウトも新戦力の発見にと目を光らせる。予選会への参加資格は16歳以上の現役プロ以外の男性で、参加費用は1チーム(登録は最大7名)2万5,000円。ちなみに2015年4月に再びドバイの地で行われる世界大会の優勝チームには、内容は定かではないが豪華賞品も用意されている。場所が場所だけに期待も高まりそうだ。

 また、未経験者にもチャンスはある。2009年にオランダでルール化され始まった「フットボールゴルフ」は、2012年には第1回目の世界大会も行われた。そのプレースタイルをひと言でいえばゴルフ×サッカー。試合のフィールドはゴルフ場で、サッカーボールを蹴りながら9、または18ホールのスロークプレーで勝敗を決する。日本では2014年2月に日本フットゴルフ協会(東京都渋谷区)が発足したばかりと、本格的な普及活動はこれからだ。競技人口が少ない今なら、日本代表として世界大会へ出場も期待大。興味がある向きは、栃木県宇都宮市へ急ぎたい。同地にあるケントスゴルフクラブには、常設コースがあり平日なら14時30分より、1人2,500円(税込)でプレーができる。

 そして、ノルウェー生まれの「バブルフットボール(バブルサッカー/IBFA JAPAN)」も要チェックだ。これは透明のビニールボールをかぶって行うフットサルで、2016年には世界大会が予定されているという。まずは体験してみたい。東京タワーにあるランナーズサロンLOVESPO TOKYO(ラブスポ東京/東京都港区)では、定期的に費用1人3,000円で個人参加もできる大会を都内各所で実施中だ。

 海外で生まれ、日本でも広がりを見せる新スポーツ。早く始めれば、他の人よりうまくなれるかもしれない。

【関連記事】
買い手と売り手から見た「楽天市場」と「Amazon.co.jp」の違いとは?
すぐ売れる!と評判のフリマアプリ『メルカリ』 CtoCプラットフォームの今後を小泉文明さんに聞く
2014年9月の料金改定で得するショップ、損するショップ 楽天市場が描く将来像とは
Yahoo!ショッピングの今後を左右するか 意外と知らない、Yahoo!プレミアム会員のすごさ
これからの通販に望むこと「共通ポイント」「値下げ」「深夜でも配達」に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5