MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

スマホにまつわる便利なペン、続々
紙と両用や筆ペンも

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/30 16:00

 いま、タッチする、書く、描くために「指の次に使うツール」を携帯する人が増えている。

 スマートフォンにタブレット型端末で、操作に使うのは指だ。そして指の次はコレだと、このところ人気を呼んでいるグッズがある。

 スマートフォンやタブレット型端末操作でタッチペン(スタイラスペン)を使う人も少なくない。そこで紙に書ける機能もあればと思う。そんな声に応えて、昨年夏に登場したのが「SMART-TIP」。市販されているペンの先端部のカスタマイズパーツである同商品、取りかえれば使い慣れた愛用のペンが、スタイラスペンとしても活用できる。登場以来、これは便利と人気はうなぎ登りで、今春には素材もバージョンアップして、よりスムーズな操作が可能となったタイプも加わった。現在対応するペンは、旧タイプが三菱UNI、ゼブラ、パイロット、BIGの4社の多色ボールペン、新タイプが三菱UNIとパイロットと2社の多色ボールペンと多機能ペン。価格は前者が各1,620円、後者は1,670円(ともに税込)。商品を手がけるのは福島製作所(埼玉県川口市)の自社商品の企画・開発・製造ブランド「UNUS PRODUCT SERVICE(ウーヌ・プロダクト・サービス)」。

 スマートフォンを筆記具として使う商品もある。今秋、イギリスからやって来た「JACKPEN(756円・税込、3本入1セット/日本での取扱いはKODAWARI・東京都文京区)」は、イヤホンジャックに差し込み使用するペン。通常は、ペン先をイヤホンジャック内に収納する形で取り付け、使う場合は抜き出して、逆に差し込めばたちまちスマートフォンがペンになる。書き心地も想像とは裏腹に結構快適だ。緊急用の筆記具に、またイヤホンジャックのホコリガードとして活用できる。あれば案外重宝しそうだ。

 一方、和のテイストで心と創造力を豊かにしてくれそうな商品が「hakuraの筆ペン(2,950円・税込/柏楽・大阪府大阪市)」。Zen Brush(300円)ほか、有料アプリと組み合わせれば、スマートフォンやタブレット型端末の画面が書道の半紙となる。持ち手の曲線は、見て美しく、手にもしっくりとなじむ。そして書き味も、本物の習字用の筆同様になめらかだ。心が乱れた際には、一心に文字でも書けば、やがて気持ちも晴れてくる。また気分転換にと、お絵描きにでも興じれば、新しいグッドアイディアが浮かぶやもしれない。

 そろそろ新しい年についても考えるようになる今日この頃。2015年のスマートライフに、指にプラス各種グッズ。導入を検討してみるのもよさそうだ。

【関連記事】
買い手と売り手から見た「楽天市場」と「Amazon.co.jp」の違いとは?
すぐ売れる!と評判のフリマアプリ『メルカリ』 CtoCプラットフォームの今後を小泉文明さんに聞く
2014年9月の料金改定で得するショップ、損するショップ 楽天市場が描く将来像とは
Yahoo!ショッピングの今後を左右するか 意外と知らない、Yahoo!プレミアム会員のすごさ
これからの通販に望むこと「共通ポイント」「値下げ」「深夜でも配達」に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5