MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

おせちは、手作りよりも購入が主流に
旅館の本格おせちやキャラクターなど種類も豊富

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/20 14:00

 最近ではおせちは、家庭で作るよりも購入するケースが主流になりつつあるようだ。

 クロス・マーケティングは11月18日から20日にかけて、「おせちに関する調査」を実施し、その結果を12月8日に発表した。調査対象は20歳から69歳の男女で、2015年のお正月に家族や親戚とおせちを食べる予定がある人。サンプル数は2,000。

 発表によると、2015年のお正月を祝う予定がある人に、おせちを食べる予定があるか聞いたところ、78%の人が「おせちを食べる」と回答した。「食べない・わからない」は22%。

 そこで、おせちを食べる予定があると回答した人を対象に、どの程度の人がおせちを手作りするか調べたところ、「すべて手作り」は14%にとどまった。一方、「すべて取り寄せ」が14%、「大半を取り寄せ」が34%、「一部を取り寄せ」が33%などとなり、81%の人がおせちを購入していることが分かった。

 おせちのお取り寄せは、定番になりつつあるようだ。最近ではさまざまな趣向を凝らしたおせちが販売されており、人気となっている。

 例えば、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で34年連続総合日本一を獲得した「和倉温泉 加賀屋」は、2015年新春おせち「きらめき」を販売している。和風三段重で、加賀屋が長年培ったおもてなしのこころと和食の調理技術がつまっている。価格は税別で3万円。申し込みは12月25日まで。

 また、お子さんやお孫さんを喜ばせたいという人には、キャラクターおせちもある。

 ベルメゾンは、ディズニーおせちとして、かわいらしいミッキーマウスの容器に、お子さんが好きなハンバーグやスイーツが詰まった「おせち・ミッキーマウス・シルエット 三段重」(税込2万5,800円)を販売。そのほかにも、ロブスターや鮑、からすみなどの高級食材が満載のこだわりおせち「おせち・ディズニーキャラクター・プレミアム 四段重」(税込3万4,000円)などがある。

 今年話題になった「アナと雪の女王」のおせちは、紀文オンラインショップで販売されている。重箱のふたにチャーミングなアナとエルサが描かれた、2015年限定のオリジナルデザインが施された二段重。料理は作りたてのおいしさと新鮮さを保つ個別パック入りで、お子さんと重箱につめる楽しみも味わえる。価格は税込1万6,200円。

 取り寄せおせちの価格帯はさまざまで、予算に合わせて選べるのも魅力の1つ。忙しい年末年始をゆっくりぜいたくに過ごしたいと考える人を中心に、今後も需要は伸びそうだ。

【関連記事】
買い手と売り手から見た「楽天市場」と「Amazon.co.jp」の違いとは?
すぐ売れる!と評判のフリマアプリ『メルカリ』 CtoCプラットフォームの今後を小泉文明さんに聞く
2014年9月の料金改定で得するショップ、損するショップ 楽天市場が描く将来像とは
Yahoo!ショッピングの今後を左右するか 意外と知らない、Yahoo!プレミアム会員のすごさ
これからの通販に望むこと「共通ポイント」「値下げ」「深夜でも配達」に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5