MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日常生活に便利な「袋物」グッズ
家事の時間短縮や簡略化に効果

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/21 12:00

 日々の暮らしの中で「袋物」は、さまざま場面で欠くことのできないアイテムだ。特に最近は、独自の機能を備えた袋物や関連グッズがある。

 まず、「そのまま洗えるランドリーバスケットネット(シービージャパン/本社:東京都足立区)」は、3層メッシュのファミリーサイズの洗濯ネット。大きな特徴は、洗濯の手順がスムーズとなる点。具体的には、自立式なのでランドリーバスケットとして洗濯物を入れておくことができる。そして洗濯物がたまれば、上部のファスナーを閉じて、そのまま洗濯機へ入れればよい。これにより、洗濯ネットの役割を果たし、洗濯物を保護することができる。洗濯が終われば、脇の取っ手をつかめば取り出しも移動も楽だ。洗濯物の分別にも配慮されており、内部は3つに仕切られている。サイズは幅が約50センチ、高さが約40センチ。価格は1,620円(税込)。

 また、流行のスムージーは外で飲むのはいいが、いざ家でつくってとなると後片づけなど意外と面倒。そんな声に商品で応えたのが小久保工業所(本社:和歌山県海南市)の「手もみジューサー(オープン価格・参考価格は232円・税込)」。同社が「食を楽しく、おいしく、簡単に」をコンセプトに展開するお料理グッズ「delijoy(デリジョイ)」シリーズの最新作となる。こちらは、シリコン製のコンパクトな“袋”で、袋に果物やヨーグルトを入れて手でもめば、袋内部にある突起物が食材をすりつぶし、たちまち1人分の自家製スムージーが完成する。出がけの1杯と、時間のない朝などの救世主となってくれそうだ。

 さらに、手軽に真空パックができる「CLICCA(クリッカ/大作商事・本社:東京都千代田区)」も見逃せない一品。使い方は簡単だ。市販のフリーザーバッグなど保存袋に、凸凹一対の専用のバルブ(クリッカ)を取りつけた後、袋の口をクリップで留め、仕上げにバルブに注射器型のオリジナルポンプをあてて、袋内部の空気を抜く。対応する袋は、厚さが0,06ミリ以上であれば問題なし。したがってお菓子の袋ほか、たいていの袋に対応が可能だ。家庭のキッチンではもちろんだが、電気が不要なため、レジャーなどアウトドアにも持参すれば何かと便利かもしれない。価格は「クリッカ(スタート4個セット/クリッカ4個、専用クリップ4本、専用ポンプ1本入)」で税別2,000円。

 もう1つ加えてみれば、さらなる快適ライフが楽しめそうな袋物。今回の袋物や袋物関連グッズがあれば、家事労働の時間短縮や簡略化に効果がありそうだ。

【関連記事】
買い手と売り手から見た「楽天市場」と「Amazon.co.jp」の違いとは?
すぐ売れる!と評判のフリマアプリ『メルカリ』 CtoCプラットフォームの今後を小泉文明さんに聞く
2014年9月の料金改定で得するショップ、損するショップ 楽天市場が描く将来像とは
Yahoo!ショッピングの今後を左右するか 意外と知らない、Yahoo!プレミアム会員のすごさ
これからの通販に望むこと「共通ポイント」「値下げ」「深夜でも配達」に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5