MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日信工業(7230) 成長分野の回生協調ブレーキ見通し悪化から「中立」に引き下げ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/17 18:00

<投資評価は「2」へ引き下げ>
(1)15/3期下期(10-3月)は主要はホンダ(7267)の出荷見通し悪化により減益見込みに転じた、(2)成長分野であるHV(ハイブリッド)車に搭載される回生協調ブレーキの販売見通し悪化、などから投資評価を引き下げる。ただし、市場平均を下回る株価展開の中で悪材料は織り込まれたと見る、株価は理論株価(Fモデルで2,664円)を大きく下回る、などから投資評価は中立に止める。・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
住友ゴム工業(5110) 円安、原材料安進行から15/12期以降の見通しを引上げ
朝日インテック(7747) 主力製品が好調。円安も寄与し、通期でもう一段の上乗せ余地
KYB(7242) 中国建機向け以外は概ね堅調、後半の挽回が期待される
ジーエス・ユアサ コーポレーション(6674) 環境車用電池や海外の成長余地などを踏まえると株価には割安感が強い

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5