MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

豊田通商(8015) 引き続きタイ自動車生産およびCFAO社自動車販売の改善が待たれる

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/25 18:00

<投資評価は「2+」を継続>
利益貢献割合が高い自動車分野への影響が大きいタイ自動車生産やCFAO社(アフリカで事業展開の仏商社で14/3期より連結)自動車販売の苦戦地域の販売にまだ明確に改善の兆しがない、過去最大の買収CFAO社は医薬品などは堅調も一部地域での自動車販売悪化が響き全体で苦戦、加えて、原油安長期化の場合の資源国における自動車小売への懸念が新たに浮上、などが株価の重石と考える。しかし、15/3期業績見通しを下方修正したとはいえ、下期(10-3月)、通期ともに前年の利益を若干だが上回る見込み、16/3期以降はトヨタ自動車(7203、以下トヨタ)の海外生産拡大や過去の投資寄与により増益基調との見方に変化はない、指標面が割安(15/3期TIW予想ROE7.45%に対し実績PBRは0.98倍)などから投資評価は中立を維持。
・・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
第一実業(8059) バリューと成長性を兼ね備えた割安銘柄
ショーワ(7274) 上期を底に下期は増益に転じる見込み
日精エー・エス・ビー機械(6284) 今期も2桁増収営業増益で、売上・利益過去最高を再更新の見込み
国際計測器(7722) 通期TIW予想をもう一段引き上げ。株価に対する見方は不変

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5