MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ペット向けの新サービスが続々登場
原材料の試食や心療内科、厄払い宿泊プランなど

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/01/12 18:00

 人間と同様に、家族の一員であるペットにおいても健康は重要な問題。そんな中、ペットの健康を考えた新たなサービスが生まれている。

 人間は体が資本、日々の暮らしを楽しく充実したものにするには、健康体であってこそだ。しかし健康は、人間だけの問題ではない。家族の一員であるペットも同様だ。そこで最近は、ペットの健康を考えた新しいサービスが続々と登場している。

 健康の基本は食にありと、口にする食材の産地や原料をチェックする人は多い。このペット版ともいえそうなのが、現在自然食ドッグフード「ドットわん」を製造・販売するピュアボックス(本社:岡山県岡山市)が、第1弾と銘打ち展開している「ドットわんの原材料を食べよう!キャンペーン」。愛犬には、エサではなく食事がモットーである同社が手がけるドットわんの特徴は、食材の質へのこだわり。このこだわり具合を、飼い主にも実際に味わって確認してもらおうというユニークなものだ。応募期間は1月29日までで、応募者は抽選で「ドットわん豚ごはん(商品価格は1,728円・税込、500グラム1袋)」か「ドットわんの逸品ブラウンスイス種国産牛スープ仕立て(商品価格は777円・税込、150グラム1袋」のいずれかの原材料が当たる。なお第2弾も予定されているそうだ。

 また病気やケガ以外に、ストレスなども健康には大敵。ペットだって例外ではない。昨年11月にオープンした「獣医のいるアニマル・ケアサロン フローラ(東京都港区)」は、病気になりつつある状態、東洋医学でいうところの「未病」状態のペットに対応する動物病院だ。治療の基本は、薬は極力使用せずに、動物が持つ免疫力を高めて、元気な状態を取り戻すこと。施術対象は愛犬、愛猫で、メニューはメディカルアロマや鍼灸、漢方、そして日本では初となるペットの心療内科と多彩だ。初診料は2,000円(税別)。また「ワンちゃん特別検診コース(1万2,000円・税別)」や「ネコちゃん特別健康診断コース(1万6,000円・税別)」といったコースメニューも用意されている。

 そして、歳を重ねていくと気になるのが「厄年」。実は犬や猫にも厄年があり、犬なら7歳以降、3歳きざみ、猫も12、14歳が厄年といわれている。そこで厄払いと、ペット同伴の宿泊プランのあるリゾートイン白浜(千葉県南房総市)で始まったのが「わんちゃんの健康祈願、厄払いプラン」。愛犬と一緒に宿泊すれば、近所のお寺で厄払い祈祷(絵馬、お守りつき)が受けられる。同プランは期間限定で、今のところ実施は2014年4月15日~2015年7月17日までとなっている。料金は「ペットと泊まれる和室7.5畳スタンダードオーシャンビューで1人、1万422円~1万7,280円(2名利用時、夕・朝食、厄払い祈祷つき)ほか。

 日ごろのスキンシップに加えてペットが健康であるために、最近の新サービスを賢く利用してみるのもよさそうだ。

【関連記事】
人気の「おにぎり」と「おむすび」 おにぎり饅頭や時間限定弁当、おむすびカフェなど
見た目から想像できない食べ物が続々登場 おかずのケーキや弁当そっくりのスイーツなど
内食志向で主婦が自分用に弁当作り 作り置きも便利な「家弁」グッズ好調
日本のコメ消費、コンビニ弁当やおにぎりは好調も 国内全体の消費は減少傾向、豊作でコメ余りも
オシャレすぎるオフィス用みそ汁サーバーとは 拡がるインスタントみそ汁市場動向あれこれ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5