MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

トヨタ、日本電産、タカタ、京セラ経営陣の自社株配当金額は メーカー企業の長者たちを並べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自社株配当長者第二弾! 今回はメーカー、建設、運輸・エネルギー、商社、金融各社を見てみよう。

気になるトヨタ社長、前社長の自社株配当金額は

 メーカー系の場合、社歴が古いこともあってオーナー一族が財団などの基金用に自社株を移しているケースも目立つ。ある種の相続対策といっていいだろう。

 そのために、所有する自社株で得る配当金は、前回紹介したファーストリテイリング(9983)の柳井正社長の138億円強やソフトバンク(9984)の孫正義社長の92億円には届かないようだ。財団などが所有する株は、共同所有分からは除外して計算している。

 最も気になるのは、世界販売トップのトヨタ自動車(7203)の豊田章男社長だろう。同氏は自社株458万8,000株を所有。13年度の1株配当金は165円だったことから、配当金総額は7億5,700万円だった計算になる。業績伸張を受けて14年度の1株配当金がアップすれば、配当金総額がさらに増えることは間違いないところだ。

豊田章男トヨタ自動車社長

所有・トヨタ自動車 458万8,000株(1株配当金165円)
配当金総額 7億5,700万円

 章男氏の父親で社長・会長を務めた章一郎氏はトヨタ株を1,114万株所有しているほか、取締役や監査役を務めている自動車部品大手のデンソー(6902)やアイシン精機(7259)の株式も保有。3社合計の配当額は19億円を超すと推定される。さらにいえば、共同所有の提出書はないが、会長職にある東和不動産(トヨタグループの不動産会社)が所有する分を含めれば、配当金総額はもっと高額になる。

豊田章一郎トヨタ自動車元社長

所有・トヨタ自動車株 1,114万4,000株(1株配当165円)
所有・デンソー株 69万7,200株(同105円)
所有・アイシン精機株 1万2,000株(同95円)
合計配当金 19億1,300万円

 数多くの企業買収を手がけている日本電産(6594)の永守重信社長はどうか。同氏は上場を廃止した日本電産リードや日本電産コパル電子の株式も所有しており、13年度は共同保有分合計では18億8000万円の配当金を受け取っていると推定される。

永守重信日本電産社長

所有・日本電産株 1,817万株(1株配当金100円)
所有・日本電産リード株 96万株(同30円)
所有・日本電産コパル電子株 204万8,000株(同17円)
合計配当金 18億8,000万円

10億円超えは、タカタ、京セラ、大正製薬、ノエビアだが

 その他の経営陣はどうだろうか。自動車部品のタカタ(7312)の高田重久会長兼社長と京セラ(6971)の創業者である 稲盛和夫氏が13億円台だ。

社名 氏名 推定配当額
タカタ 高田重久会長兼社長 13億7,200万円
京セラ 稲盛和夫名誉会長 13億4,500万円
大正製薬HD 上原昭二名誉会長 11億5,300万円
ノエビアHD 大倉昊会長 10億500万円
ポーラ・オルビスHD 鈴木郷史社長 7億円
HOYA 山中衛元社長 6億7,600万円
リンナイ 内藤進会長 5億700万円
アリアケジャパン 岡田甲子男会長 5億600万円
リンナイ 林謙治副会長 4億4,200万円
大塚HD 大塚一郎副会長 4億1,100万円
フクダ電子 福田孝太郎会長 4億230万円
小林製薬 山下章浩社長 3億9,800万円
ニフコ 小笠原敏晶会長 3億5,600万円
マブチモーター 馬淵隆一元会長 3億5,000万円
コーセー 小林一俊社長 3億5,000万円
ダイドードリンコ 髙松富博会長 3億2,800万円
フジッコ 山岸八郎元会長 2億9,400万円
タマホーム 玉木康裕社長CEO 2億7,700万円
キーエンス 滝沢武光会長 2億7,100万円
アートネイチャー 五十嵐祥剛会長兼社長 2億6,200万円
キョーリン製薬HD 荻原豊取締役 2億3,900万円
大正製薬HD 上原明社長 2億3,500万円
メディキット 中島崇取締役 2億2,800万円
大塚HD 大塚明彦前会長 2億2,700万円
上村工業 上村寛也社長 2億1500万円
エスフーズ 村上真之助社長 2億700万円
村田製作所 村田恒夫社長 2億円
マニー 松谷貫司取締役会議長 1億8,200万円
伊藤園 本庄八郎会長 1億7,300万円
パナソニック 松下正幸副会長 1億6,500万円
江崎グリコ 江崎勝久社長 1億3,100万円
ローム 佐藤研一郎名誉会長 1億2,000万円
図研 金子真人社長 1億800万円
メディキット 中島弘明会長 1億600万円

 ただし、タカタはエアバッグの世界的な大規模リコール問題を抱えており、経営悪化から14年度は無配に転落することは避けられず、高田会長兼社長の自社株配当金はゼロになる情勢。自動車メーカーによる経営支援など、今後の推移によっては所有株にも影響が出てくることもあり得る。独ボッシュの日本法人からタカタに転じ、社長に就任しながら辞任に追い込まれたステファン・ストッカー前社長の所有は400株、配当金は1万2,000円だった。

 メーカーの中では、医薬品や化粧品に自社株配当長者が多いのも特徴だ。大正製薬ホールディングス(HD/4581)の上原昭二名誉会長とノエビアHD(4928)の大倉昊会長が10億円超。ポーラ・オルビスHD(4927)の鈴木郷史社長は7億円、大塚HD(4578)の大塚一郎副会長は4億円強、小林製薬(4967)の山下章浩社長とコーセー(4922)の小林一俊社長は3億円台である。キョーリン製薬HD(4569)の荻原豊取締役、大正製薬HDの上原明社長、大塚HDの大塚明彦前会長(故人)は2億円台だ。

 同じ医薬でも医療機器各社にも自社株配当長者が存在。フクダ電子(6960)の福田孝太郎会長は4億億円強、メディキット(7749)は中島崇取締役が2億円台と中島弘明会長が1億円台である。マニー(7730)の松谷貫司取締役会議長は1億8,200万円だ。

 食品関係では、天然調味料のアリアケジャパン(2815)の岡田甲子男会長が5億円強で突出。ダイドードリンコ(2590)の髙松富博会長は3億円台、フジッコ(2908)の山岸八郎元会長のエスフーズ(2292)の村上真之助社長が2億円台。伊藤園(2593)の本庄八郎会長と江崎グリコ(2206)の江崎勝久社長は1億円台だ。

 そのほかでは、HOYA(7714)の山中衛元社長が6億円台。ガス器具のリンナイ(5947)は、内藤進会長が5億台で、林謙治副会長は4億円台である。

 工業用ファスナー大手で、英字紙「ジャパンタイムズ」を発行しているニフコ(7988)小笠原敏晶会長は3億5,000万円強、カツラのアートネイチャー(7823)の五十嵐祥剛会長兼社長は2億台。パナソニック(6752)の松下正幸副会長は1億6,500万円、競走馬を所有する図研(6947)の金子真人社長はおよそ1億円である。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5