MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

トヨタ自動車(7203) 15年暦年販売台数1%減を発表、強気の見方に変化なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/01/22 18:00

<投資評価は前回からの「1」を継続>
21日、15年暦年の世界販売、生産計画を会社は発表。販売、生産台数ともに前年並みの水準に止まるが、前年前半の国内の水準が消費増税前の駆け込みで高かった、4月からの軽自動車税増税、中国を中心とした新興国景気の鈍化、軽と東南アジア中心のダイハツ工業(7262)苦戦が想定される、などを踏まえれば妥当な計画で驚きはない。引き続き15/3期は会社計画を上回る増益見込みに変化はない、15年、年度(16/3期)では15年暦年9カ月間が影響し台数が伸び悩んでも、米国販売好調による地域ミックスの改善、上期(4-9月)中心に大幅な円安効果、従来並みの原価改善、などが見込めるため従来からの増益見込みに変化がないことに加えて、前回レポート以降、株価は1割弱上昇も、指標面は依然割安(15/3期TIW予想PER11.1倍など)から投資評価は「1」を継続。目標株価は先ずはFモデルによる理論株価並みの8,750円程度(15/3期予想PER12.9倍)を維持。・・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
ヤマハ発動機(7272) 15/12期はマリン堅調、二輪車事業の一段の収益改善による増益を予想
トピー工業(7231) 利益水準はまだ低いが改善基調、来期は新電炉貢献が期待される
富士重工業(7270) 2015年暦年生産・販売計画を公表、米国を中心に販売好調が見込まれる
東プレ(5975) 今期は会社計画超過達成、来期以降は増益基調に転じる見込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5