MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

スズキ(7269) 引き続きインド四輪好調と円安効果で他での苦戦を補う展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/01/26 18:00

<投資評価は中立を継続>
柱のインド好調と円安進行から15/3期着地は会社計画を上回り、営業過去最高益更新で着地とのTIWの見方に変化がないため、株価は底堅いと考える。ただし、国内軽販売競争激化や第3の柱として市場の期待も大きかったアセアン地域での販売苦戦などが足かせとなり、収益の大幅な伸びを見込み難いことに加え、指標面にさほど割安感がないため投資評価は中立を継続する。
・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
ダイハツ工業(7262) 国内軽は競争環境厳しく、海外はインドネシアが失速
日本電産(6594) 来期も車載分野等が収益の伸びを牽引する見込み
マルカキカイ(7594) 主要米州は販路切り替えが順調、東南アジアは受注が堅調
NOK(7240) 電子機器部品好調から通期計画を再度上方修正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5