MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日産自動車(7201) 新興国の市場環境悪化から16/3期以降のTIW業績予想を下方に見直す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/01/29 18:00

<投資評価を「2+」→「2」へ引き下げる>
TIWは従来、16/3期以降は営業段階で大幅な増益を見込んできたが、同社が注力する新興国市場の市場環境がインドを除き悪化しているため、業績見通しを下方に見直した。特に、市場成長が減速し競争が激化する中国での販売、新工場建設や能力増強により強化を図っているロシアやブラジルなどの市場動向や現地通貨安の影響などに懸念や不透明感が強いため今般、投資評価を一段階引き下げる。但し、業績予想を下方修正したとはいえ、新たな設計思想、CMF(コモン・モジュール・ファミリー)にて投入の新型車販売が好調で収益力が高まりつつあると見られること、販売好調、シェアアップ、効率化などにより北米の収益が改善していること、などから増益基調が続くとの見方に変化なく、指標面(15/3期予想ROE9.37%に対し実績PBRは0.98倍)が割安から投資評価は中立に止める。
・・(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
エービーシー・マート(2670) 女性向けスニーカー好調、スポーツ需要併せてトレンド継続に期待
スズキ(7269) 引き続きインド四輪好調と円安効果で他での苦戦を補う展開
ダイハツ工業(7262) 国内軽は競争環境厳しく、海外はインドネシアが失速
日本電産(6594) 来期も車載分野等が収益の伸びを牽引する見込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5