MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

中外製薬(4519) がん領域が牽引し、成長を持続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/01/30 18:00

<投資評価を2+に据え置き>
下記理由で14年7月に2+へ引き上げた投資評価を据え置く。(1)14/12期は増収、営業減益となったものの会社想定線を上回った。15/12期は5.5%増収、10.0%営業増益へ好転を予想。(2)中長期的に本邦トップシェアの抗がん剤により成長基盤は安定、同領域の新製品も期待できそうだ。(3)生物学的製剤アクテムラの市場浸透が進み、特に海外において収穫期に入る。(4)バリュエーション上それ程の割安感はないが、増配による株主還元は期待できそうだ。・・・(森田 青平)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
マツダ(7261) 3Q販売は欧州が大幅増、新型車好調による増益基調を引き続き見込む
日産自動車(7201) 新興国の市場環境悪化から16/3期以降のTIW業績予想を下方に見直す
エービーシー・マート(2670) 女性向けスニーカー好調、スポーツ需要併せてトレンド継続に期待
スズキ(7269) 引き続きインド四輪好調と円安効果で他での苦戦を補う展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5