MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ジーエス・ユアサ コーポレーション(6674) 環境車用電池及び海外堅調も国内自動車用や産業用伸び悩みからやや失速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/16 18:00

 <投資評価は一旦中立に引き下げる>
2月3日、15/3期3Q累計(4-12月)決算を発表。3Q(10-12月)のみで営業段階減益に転じ通期計画達成が懸念されるため、当面市場平均を大きく上回る株価展開は期待しがたいと見て投資判断を一旦引き下げる。とはいえ(1)成長分野として注目されるHVやPHV車など環境車用リチウムイオン電池事業の赤字縮小が顕著。(2)計画未達をTIWは見込むがそれでも大幅営業増益見通しに変化はない。(3)16/3期以降は増益基調を予想。などから投資評価は中立に止める。・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
スタートトゥデイ(3092) 予約販売・セール共に好調、トレンド変化背景に成長継続に期待
ヤマハ発動機(7272) 収益回復のモメンタムは強い
日本光電(6849) 中期的に粗利率の緩やかな向上が可能との見方は不変
ミネベア(6479) 3Qは電子機器の営業利益が機械加工品を初めて上回った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5