MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

椿本チエイン(6371) 自動車部品好調に加え、他3事業も上向く、収益拡大のモメンタムは強い

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/03/31 18:00

 <足元の好調持続の公算大、投資評価「1」を継続>
15/3期Q累計(4-12月)は自動車部品好調に加え、チェーン、精機、マテハンも上向き営業利益率11.0%を確保。将来への先行費用が嵩む局面にあるがそれでも中間時に上方修正した会社計計画を更に上回る2桁営業増益が15/3期は見込める。などに加え、高い競争力に基づき国内外メーカー向け受注豊富から自動車部品の高収益持続が見込める中、チェーン、精機、マテハンが改善基調入りしたことで、収益拡大のモメンタムは強く、足元の好調が続く公算が大きいと見る。こうした中、株価指標面も割安(15/3期TIW予想ROE10.78%、16/3期予想PER12.4倍)から投資評価は「1」を継続。PER高値平均14.6倍を上回る1,200円(16/3期予想PER15.1倍)を先ずは目標株価とする。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
VTホールディングス(7593) 15/3期が業績の底との見方に変化なし
カルソニックカンセイ(7248) 日本と欧州が上向き、北米好調持続で中国減速を補う
東洋ゴム工業(5105) 15/12期は前半、踊り場を迎える見込み
太平洋工業(7250) 3Qは2事業が揃って上向き大幅営業増益、通期計画は再度上方修正

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5