MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

マルカキカイ(7594) 1Qは大幅営業増益、スタートは順調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/10 18:00

<指標面が依然割安、投資評価「1」を継続>
15/11期1Q(12-2月)の環境は国内が前年、消費増税前の駆け込み需要期にあり、中国景気が失速、更にはインドネシアにおいて前年の大口案件の反動を受けるなどの状況にあったが、それでも営業段階で大幅増益を確保したことが評価できる。また、主要米州売上げがDMG森精機(6141)製品の取り扱い取り止めにも関わらず他メーカーへの入れ替えなどを着実に進め、前年を上回った点がポジティブ。以上、厳しい環境下でも国内外での着実な受注の積上げにより業績を伸ばしていることを踏まえると2桁営業増益を目指す15/11期会社計画達成の確度は高いと見られる。加えて、強固な財務などから実績PBR0.99倍の株価は依然評価不足と考え投資評価は「1」を継続、目標株価は今後の成長性からPER12倍程度の株価は十分妥当なレベルと判断。従来の1,900円→2,400円へ引き上げる。・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
ヤマハ発動機(7272) 船外機、欧米二輪が堅調、インドネシアは新モデルに期待したい
日産自動車(7201) 新興国リスク台頭の中でも業績は堅調、強気を維持
スズキ(7269) 国内収益悪化を懸念、15/3期着地予想、16/3期見通しを引き下げ
東海理化(6995) 16/3期は操業改善が進み増益を予想、指標面は依然割安と考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5