MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

マツダ(7261) 欧州、中国減速下でも全体での販売は堅調、16/3期も増益予想に変化なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/20 18:00

<調整で割安感が強まる、投資評価「1」を継続>
相対的に欧州への依存(15/3期グローバル販売台数計画の15.5%が欧州)が高い中、ロシア販売や通貨安、欧州景気やユーロ安への懸念などから最近の株価は軟調だ。しかし、TIWは投資評価「1」を継続。理由は(1)ロシア販売台数は全体の3%強程度だが、年初の大幅販売減で販売依存は急速に低下していることに加え、ルーブルの急反発などからロシア販売環境悪化が今後の業績へ与える影響は限定的と考える。(2)ロシアを除く欧州地域販売は投入新型車好評により概ね堅調。(3)足元のユーロ安を勘案しても今期16/3期は増益、営業過去最高益更新が見込まれる。(4)16/3期TIW予想PER7.9倍など指標面に割安感が強い。などによる。・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
フロイント産業(6312) 16/2期は豊富な受注残高を背景に2桁増益を見込む
ファーストリテイリング(9983) 国内・アジア好調で高成長継続も、下期成長鈍化の可能性は高いと見る
トヨタ自動車(7203) メキシコ新工場建設と中国で生産ライン新設を発表
富士重工業(7270) 主要米国での販売は頗る好調、強気の見方に変化なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5